筆記体は便利~私の英語学習体験談~

アルファベットの書き方にはブロック体と筆記体がありますが、現在、英語学習においてアルファベットを書く際に用いられるのは、ブロック体がほとんどです。インターネットが発達し、手書きの文字を見る機会が減って久しいので、筆記体の出番がめっきり減ってしまったのは、当然といえば当然なのでしょうが、個人的には、中学時代に一生懸命筆記体を覚えた者として寂しいです。

だからという訳ではありませんが、私はここで敢えて申し上げたい。筆記体は便利です。何がどう便利なのかというと、筆記体には、ブロック体よりも早く書けるという長所があります。逆に、短所を申し上げるならば、自分の書いた筆記体を読んでくれる人が少ない事でしょうか。

私は、中学時代に英語の授業で筆記体の書き方を覚えましたが、その際、英語の先生が「筆記体は、ブロック体の2~3倍は早く書ける」と仰っていたのを今でも覚えています。では、きちんとA~Zまできちんと教わったのかというと、実はそうではありませんでした。筆記体を最初から最後まで教えていただけるだけの時間がなかったためではないかと、勝手に考えていますが。

では、どう覚えたのかというと、ABCの3文字は英語の授業で覚え、D~Zまでは、独学で覚えました。市販の英語用のノートの表紙をめくると、ブロック体の書き方と筆記体の書き方の一覧があったので、それを見ながら、何度も練習して覚えました。独学で一生懸命覚えた結果、どうにか自力で筆記体を書けるようになりましたが、残念ながら、学校の同級生で筆記体を覚えた人が一人もおらず、少々寂しい気持ちになりました。

しかし、筆記体を覚えると、中学時代の英語の先生が仰る通り、本当にブロック体よりも早く書けるので、非常に便利です。ご関心のある方は、ぜひ市販の英語用のノートを購入して、チャレンジしてはいかがでしょうか。筆記体を覚えるには、ただただ練習あるのみですよ!