英語学習がもたらす未来への展望は明るい

英語の学習と聞くと、社会人なら英会話、学生なら英単語の暗記というイメージが強いと思います。

では、もしこの二つが完璧に出来たのなら…今の自分のような世界ではなくもっと広い視点から物事を見ることが出来るでしょう。

グローバルに活躍するのは何も限られた人だけが出来る特権ではありません。対人の営業職でも対物の技術職でも求められているのは、円滑なコミュニケーションをはかれる能力です。では、TOEIC英検がもたらすものは何かと問われるとそれは英語をどれだけ理解しているかの証です。

では、この証が自分の将来にとって有効に働くかと考えると答えはイエスです。どのような仕事でもマイナスに働くこと事態ほぼあり得ないと言っていいでしょう。

学校でも自己啓発でも構いませんが英語学習を特筆出来るまで極めると間違いなく自分の将来や現状の見方が変わります。何故かと問われれば、理由は単純です。英語を出来る力というものを企業的にも社会的にも必要とされている現状があるからです。

学校で必要とされているものと社会で必要とされているものには明確な違いがあるのはまた別な話ですが英語の学習が何故必要なのか、或いは学習する必要があるのか…それは世界に共通する言語だからです。

世界に共通するものを1つでも個人として持っている或いは誇れるとなれば、仕事や価値観にも違いが出てくるでしょう。

なので、私は日本における英語の学習の必要性はこれからも変わらないと感じます。