これからは自信をもたせる英語教育が大切

英語教育の内容の是非が久しく議論されています。日本人が義務教育で英語を勉強しているのにかかわらずそのレベルの低さや使えなさが問題になっていて、未だに抜本的な改善がされていないように感じます。それでも少しずつは改善し、TOEICの点数なども大学生や社会人でも上昇してきています。それはいいことですが、逆に入試であったり就職であったりするときに求められるものは高くなり、英語レベルとしては上がっているといえますが使える英語となっているのかは疑問です。それでは英語のエリート化だけを進めていてそれまで努力してきた英語を使わずに終わってしまう人を増やしているだけのように思います。

英語教育はいろんなレベルで努力も人それぞれですが、ある一部のエリートだけを認めて後はレベルが低いとして足を切ってしまえば全体のレベルは上がらないということにもなっているように思います。

そもそも語学はコミュニケーションをとるための道具であり、たとえレベルが低くてもそのレベルなりに意思疎通や情報交換ができるというものです。ちょっとした英会話でも通じると喜びを感じることもできますし、自信を持つことが出来ます。そういった小さな自信がまた英語のレベルを上げようというモチベーションにもなってくると思います。自信を持たせる英語教育というのが使える英語にダイレクトに結びついていきます。点数だけを追いかける教育では点数に達せなかった場合は落伍者として敗者としてだけの感情が残りそれまでの英語学習が無駄になってしまうように感じます。