子供英会話の必要性と幼児期ならではの危険性

まず、子供英会話の危険性から説明したい。

育児本を何冊か読んでいると「お母さんの国の唄や言葉をたくさん教えてあげよう。お父さんが違う国の出身の場合はお父さんの国の唄や言葉はお父さんが教えてあげて。とある。」エピソードのひとつとしてしては子供の話す時期が周りの子供と比べて遅い。著者が疑問に思って二人に出身国を聞くと母親と父親の出身国は別々で、今住んでいるのは二人の出身国とは違うところだったので住んでる土地の言葉を教えていた。

著者の言う通りそれぞれがそれぞれの国の言葉で話しかけているとあっという間に3か国語話せるようになっていた。というのが記載されていた。

ふたりの母国語でないだけで周りの子供と比べて話すのが遅いというのが気になり色々調べてみた。

やはり、母親(もしくは父親)が日本語しか話せない場合、幼児期から英語を習わすと日本語と英語が混ざったような感じで覚えてしまい、周りの子供と比べて日本語のボキャブラリーが少ないという記事がたくさんあった。

そこで疑問に思うのが子供英会話の必要性だ。

2020年東京オリンピックも相成り、今や子供に習わせたいトップ3の習い事である。

上記のエピソードが正しければ矛盾しているのではないだろうか。

結果、子供英会話を習わせる時期と内容、教え方が非常に重要だったのである。

上記のエピソードを考えると子供英会話を習わす時期としては幼児期以降、日本語が安定してからが望ましい。

時期、内容に関しては母親が子供と一緒に習うことが大切である。

一緒に歌を歌い、一緒にリスニングをする。

スキンシップの一貫としてもこちらの方がこどもには望ましいことであるように思う。