子ども英会話はいつから始めればいいのか?

一昔前までは「英会話ができるなんてすごい!」という時代でしたが、現代、また未来に置いて母国語と英会話を話すことはそう珍しいことではないと感じ、同時に必要性を強く感じています。企業の中では、英語を公用語にする大手企業も徐々に増えてきていますし、観光客も年々増えている今、多言語対応は必須と言えます。

そんな中、子どもを持つ親としては、将来の為にも、早くから英語に触れさせてたいと思うのはごく自然なことではないでしょうか。とはいえ、いつから始めればいいのか迷う所。親としてはその時期は悩みどころです。早い人であれば、胎児~幼児期に始めている人もいます。胎児は母親のお腹の中から物事を記憶し始めるという考えからです。

「胎教」という言葉をよく耳にしますが、近年、音楽教育や英語教育をその時期から行う親も最近は増えています。母親や父親が、英語で話したり、歌を聞かせたりすると、胎内でちゃんと聞いていると考えれれています。そのため、物心ついてから英語教育を受けたときに、受け入れやすくなるとも言われています。

また、生まれたての0歳から始める親もいます。乳児のための英会話教室も意外と多いのが現実。乳児は言語を発することはできませんが、まわりの会話や音を聞いて少しずつ意味を理解し始めていきます。その段階で、早くから触れることで、多言語に慣れやすくなるのは間違いないと言われています。

一番多いと言われているのは1~3歳。ちょうど言語を理解し、物事を認知し、言葉を発する時期です。この時期に覚えた言語は、潜在意識に深く刷り込まれ、スポンジのように吸収し、忘れないと言われています。どの時期に始めれば一番いいのかはそれぞれに理由がるようですね。