フィリピン人講師のオンライン英会話

私はアメリカに留学する1年前から、オンライン英会話を利用していました。講師は全員フィリピン人で、一回の授業は25分間、毎回好きな時間帯に空いている講師の予約をしていました。スカイプのアカウントを一つ英会話ように作成しなければならず、オンライン英会話を利用していない今は、普通の通話用アカウントとして使っています。

私の利用した有名な某新聞会社のオンライン英会話システムには専用のテキストが用意されてあり、どのレベルをやりたいか、どのチャプターをするのかを予約をするときにコメントで先生にしらせておきます。私はよく講師の方に、選んでいるレベルの割に全然喋れていると言われたのですが、テキストで扱う表現に知らないものがちょくちょく出てきていたので、簡単なレベルでとにかくたくさん言葉を発せられるようにと心がけていました。

先生によって、文法に強い、発音に厳しい、スピーキングに集中する、ほめちぎるなど、特徴が様々なので、毎回今日はここに気をつけようとも思いながら取り組んでいました。オンライン英会話専用のノートもつくり、講師の方が教えてくれた新しい表現を書き残したり、毎回の目標や、反省点などを書いたりしていました。なんせ、自分で進めていく勉強法なので、とにかく授業を無駄にしないようにと、わからないことはきちんと聞く、ノートをとる、というのを気にしていました。

オンライン英会話では毎回授業の最後にDo you have any question?と聞かれていたのですが、そこでNoといわないのが私の一つの課題でもありました。なんでもいいから質問する、自分で考える、をモットーにやればきっと英語力も伸びていくとおもいます。