英語教育を受けても試験は難しい

このごろTOEIC用の英語の読解のテキストを読んでいるのですが、これは初級なのですが、とても難しいです。

TOEICで読む英文は実用的というか、実際に英語圏で生活をするなら毎日目にするだろう英文です。

テキストの英文を読んだ最初の印象は「文章が長い」です。ひとつの文章がとても長く、どれが主語でどれが述語で・・・、動詞はなんだっけ」という状態になります(私だけなのか?)。

単語も知らないものが多いので、なおさら意味がわかりません。おおざっぱに意味をとらえるということが難しいです。

というわけでTOEICには全然歯が立たないのですが、これでも学校での英語の成績は悪くなかったのです、本当に・・。

学校でいい点をとっても実践では使えないとか、ちょっと悲しいです。

日本の英語教育について考えてしまいます。ちょっとおおげさですが、私が受けた英語教育は何だったのかと思います。

TOEICを受けるときには、TOEIC用の勉強をしないといけないのかもしれません。学校の勉強とは別に、です。

TOEICに参加をするのは自由なので、自分がどんなレベルでも受けていいと思います。自分のレベルを知るために受けるという方法もあります。でも受験料は安くないので、どうせ受けるならあるていど以上の点を取らないとと思うのです。履歴書でアピールできるくらい点数です。初級のテキストでつまずいているようではそれは無理です。

TOEICよりも英検を受けたほうがいいかなとも思います。私にとっては英検のほうがなじみがありますし・・。